南アフリカ代表 2018 ユニフォーム 登場

過去サッカー南アフリカ代表のメンバーは数多くヨーロッパサッカークラブの選手ですが、今のサッカー南アフリカ代表は20代を揃えて若い世代のチームです。来年アフリカカップ大会でサッカー南アフリカ代表のパフォーマンスを期待しよう~

では、南アフリカ代表 ユニフォーム 2018シーズン着用モデルを紹介します。

2018 南アフリカ代表 ホーム ユニフォーム イエロー

デザイン:

1、サプライヤーは前モデルに続き「Nike」です。

2、新ホームユニフォームは従来通りの黄色基調で肩から袖に掛けて配されたボーダーが特徴的な仕上がりとなっている。

3、カラーには伝統的な黄色基調に緑を組み合わせたシンプルなデザイン。

2018 南アフリカ代表 アウェイ ユニフォーム グリーン

デザイン:

1、新アウェイモデルは濃さの違う緑を組み合わせた個性的なボーダー柄。

2、ナイキロゴや後ろ襟元の一部分には黄色が使われている。

3、カラーには伝統的な緑基調となっている。

4、素材には吸汗速乾性に優れた素材を使用。

イエローとグリーンは南アフリカ代表のチームカラーですが、2018シーズンの新ユニフォームモデルもチーム従来の伝統に従って、協会ロゴと国家エンブレム、サプライヤーロゴは胸につけています。

南アフリカ代表 ユニフォーム特集ページはこちらへ~

 

南アフリカ代表について

概要

サッカー南アフリカ代表は、南アフリカ共和国サッカー協会により構成される南アフリカ共和国のサッカーのナショナルチーム。愛称は「Bafana Bafana(バファナ・バファナ)」で、ズールー語で「少年よ、少年たれ」(Boys, be boys!)という意味。ホームスタジアムはヨハネスブルクにあるFNBスタジアム。

ユニフォーム

サッカーユニフォームの話題で今日は、特に2016-2017シーズンの南アフリカ代表ホーム&アウェイユニフォームを紹介します。総体、ユニフォームの色は南アフリカの国旗の色を採用してデザインしました。ホームユニフォームの基調は黄、アウェイユニフォームの基調は緑。皆様ご存知のように、南アフリカの国旗の色は赤、緑、青、白、黒、黄でデザインしました、公式サイトで緑は土地を象徴して黄は黄金を象徴しています。南アフリカ代表 ユニフォームのメーカーブランドはアメリカの大手スポーツ会社「ナイキ株式会社」である。

2016-2017年 南アフリカ代表 ホーム&アウェイ ユニフォーム 半袖のメーカーブランドは前続き「ナイキ」(Nkie)である。もちろん、メーカーロゴはバランスよくユニフォームの右胸で刺繍しています。ホームユニフォームは南アフリカの伝統的の黄をベースにデザインしました。ユニフォームの両脇が緑のサイドを採用してパンツとの一体感も満点。パンツは緑でソックスは黄でやっぱり南アフリカの印象が深いね。言い甲斐があるのは、ユニフォームの真中で南アフリカ共和国サッカー協会のエンブレムもバランスよく配置しています。

アウェイユニフォームは緑をベースにデザインしました。総体、ホームユニフォームと同じデザインを採用しました。

南アフリカ代表ユニフォームは 「Dri-FIT」を搭載しています。メリットは吸汗速乾、通気性抜群。

FIFAワールドカップ成績

  • 1994 – 予選敗退
  • 1998 – グループリーグ敗退
  • 2002 – グループリーグ敗退
  • 2006 – 予選敗退
  • 2010 – グループリーグ敗退
  • 2014 – 予選敗退
  • 2018 -???