カテゴリー別アーカイブ: ウルグアイ代表

ウルグアイ代表 2018 ユニフォーム 1st 半袖 レプリカ 販売

2018年のワールドカップロシア大会では、南米予選最終節でボリビアを逆転で下して予選2位をキープし、2018ロシア大会出場を決定しました。2014ブラジル大会で ウルグアイ代表の成績はベスト16でした。

11月下旬、サッカーウルグアイ代表チームがワールドカップ大会向けの2018 ホーム ユニフォームを発表されました。新ユニフォームのサプライは前続き「プーマ」です。次は、新ユニフォームの詳細、通販価格などを説明いたします。

ウルグアイ代表 2018 ユニフォーム 1st 半袖 レプリカ 商品詳細:

【マーキングについて】
加工位置は背ネーム、背・胸番号です。加工サイズは背番号:25cm、胸番号:10cmとなります。(料金別途)

【カラー】
空色

【特徴】
・サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。
・ホームは伝統の空色を使用されておりました。
・フロントはインカ帝国の太陽神インティを象徴する「五月の太陽」の透かしが入りました。
・Vネック/ラグランスリーブ。

【機能】
プーマが開発した衣服内の湿度調整を向上するサーモレギュレーションテクノロジー(evoKNIT)を搭載しています。汗を吸収、乾燥させドライに保ちます。

【素材】
ポリエステル100%

【通販価格】
¥3551円

サッカーウルグアイ代表について

概要

サッカーウルグアイ代表は、ウルグアイサッカー協会(AUF)により構成されるウルグアイのサッカーのナショナルチーム。愛称La Celeste(空色)、Los Orientales(東岸の人)、Los Charrúas(先住民チャルーア族に由来する、頑強で不屈な魂)など。ホームスタジアムは首都、モンテビデオにあるエスタディオ・センテナリオ。

ユニフォーム

ウルグアイ代表ホームユニフォーム2016には突き抜けるような空色が伝統的に使用されており、これが代表の愛称「セレステ」(スペイン語で空色の意)の由来となっている。アウェイ用のメインカラーは主に白であるが、赤・もしくはオレンジをメインカラーとして使用されることもある。ウルグアイ代表 ユニフォームのサプライは「プーマ」である。

ロゴ上には4つの星が付けられているが、これは2度のワールドカップ制覇とW杯開催前の2度のオリンピック制覇を合わせて記している。

FIFAワールドカップ成績

  • 1994 – 予選敗退
  • 1998 – 予選敗退
  • 2002 – グループリーグ敗退
  • 2006 –予選敗退
  • 2010 – 4位
  • 2014 – ベスト16
  • 2018 -???