admin のすべての投稿

サッカーセネガル代表について

概要:

サッカーセネガル代表は、セネガルサッカー連盟によって編成されるセネガルのサッカーのナショナルチームです。ホームスタジアムは首都、ダカールにあるスタッド・レオポール・セダール・サンゴールです。

 

チームエンブレム:

サッカーセネガル代表のエンブレムは国旗から取られたイエロー、レッド、グリーンを採用します。

 

ユニフォーム:

2017シーズンサッカーセネガル代表 ユニフォームはサプライヤーが「Puma」から「Romai」となりました。

ホームは緑基調で胸にセネガルの伝統文化に触発されたグラフィック、袖口には赤と黄色を使用します。右胸にメーカーロゴをプリントして、クラブエンブレムは織りワッペン縫い付けます。クールネックを採用しています。素材には吸汗速乾性に優れた素材を使用します。

アウェイユニフォームはアフリカ・ネイションズカップ2017(ガボン)着用モデルです。UAEのメーカー「romai」を採用して、右胸に散りばめられたライオンのモチーフが衝撃的なデザインを使用されました。ホームと同じ、クールネックを採用しています。

 

サッカーウルグアイ代表について

概要

サッカーウルグアイ代表は、ウルグアイサッカー協会(AUF)により構成されるウルグアイのサッカーのナショナルチーム。愛称La Celeste(空色)、Los Orientales(東岸の人)、Los Charrúas(先住民チャルーア族に由来する、頑強で不屈な魂)など。ホームスタジアムは首都、モンテビデオにあるエスタディオ・センテナリオ。

ユニフォーム

ウルグアイ代表ホームユニフォーム2016には突き抜けるような空色が伝統的に使用されており、これが代表の愛称「セレステ」(スペイン語で空色の意)の由来となっている。アウェイ用のメインカラーは主に白であるが、赤・もしくはオレンジをメインカラーとして使用されることもある。ウルグアイ代表 ユニフォームのサプライは「プーマ」である。

ロゴ上には4つの星が付けられているが、これは2度のワールドカップ制覇とW杯開催前の2度のオリンピック制覇を合わせて記している。

FIFAワールドカップ成績

  • 1994 – 予選敗退
  • 1998 – 予選敗退
  • 2002 – グループリーグ敗退
  • 2006 –予選敗退
  • 2010 – 4位
  • 2014 – ベスト16
  • 2018 -???

サッカーカメルーン代表について

概要

サッカーカメルーン代表はカメルーンサッカー連盟により構成されるカメルーンのサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都、ヤウンデにあるスタッド・オムニスポール・アマドゥ・アイジョ。愛称は「不屈のライオン」(Les Lions indomptables)。2000年のシドニーオリンピックでは金メダルを獲得するなど、アフリカを代表する強豪国である。

ユニフォーム

総評:サッカーカメルーン代表 ユニフォーム ホーム&アウェイの色の採用は多くの場合が国旗の色と同じである。カメルーンの国旗は緑、赤、黄の三色で構成している。その中の緑は南赤道熱帯雨林の熱帯植物と人々の希望を象徴している。赤は全国の統一の力を象徴している。黄は北部の草原や鉱物資源を象徴するだけでなく、太陽の輝きを象徴している。ユニフォームはその三色を採用して意味も非常に明確。現在サッカーカメルーン代表 ユニフォームのサプライは「プーマ」(PUMA)である。

FIFAワールドカップ成績

  • 1994 – グループリーグ敗退
  • 1998 – グループリーグ敗退
  • 2002 – グループリーグ敗退
  • 2006 – グループリーグ敗退
  • 2010 –予選敗退
  • 2014 – グループリーグ敗退
  • 2018 -???

 

サッカーガーナ代表について

概要:

サッカーガーナ代表は、ガーナサッカー協会により構成されるガーナのサッカーのナショナルチーム。アフリカネイションズカップでは4度の優勝を誇るアフリカを代表する強豪国であるが、FIFAワールドカップは、2006年ドイツ大会が初出場であった。ガーナ代表 ユニフォームのサプライは「PUMA」である。

主な成績:

1992年、アフリカで首位オリンピックの男子サッカーチームの金メダルを獲得した。

FIFAワールドカップは、2006年ドイツ大会が初出場であった。この大会と続く2010年南アフリカ大会のいずれもアフリカ勢唯一のベスト16進出を果たし、2010年はベスト8に進出した。2014年ではこの大会優勝するサッカードイツ代表相手に2-2と引き分けを演じるもグループリーグ敗退に終わった。

FIFAワールドカップ成績

  • 1994 – 予選敗退
  • 1998 – 予選敗退
  • 2002 – 予選敗退
  • 2006 – ベスト16
  • 2010 –  ベスト8
  • 2014 –  グループリーグ敗退
  • 2018 -???

サッカーナイジェリア代表について

サッカーナイジェリア代表は、ナイジェリアサッカー協会により構成されるナイジェリアのサッカーのナショナルチームである。スーパーイーグルスと呼ばれるアフリカ屈指の強豪国でもある。ホームスタジアムは首都、アブジャにあるアブジャ・ナショナル・スタジアム。1994年のアメリカ大会で初出場を果たして以来、ワールドカップには4回出場している他、アフリカネイションズカップでは優勝3回、1996年のアトランタオリンピックでは金メダルを獲得しているアフリカ屈指の強豪国のひとつ。また若手選手の宝庫としても知られ、アトランタオリンピックで金メダルを獲得したメンバーらを中心に多くの選手がヨーロッパでプレーしている。かつては元日本代表監督のフィリップ・トルシエも指揮を執った。

ナイジェリア代表はアフリカのサッカーワールドカップのための突破口をもたらす可能性が最も高いと考えられていた、代表チームの準決勝に達し、そのレベルが低下しているようだが、アフリカで最も人口の多い国では依然として強さのかなり多くあり、ドイツと南アフリカでのワールドカップを逃しましたワールドカップのチームは、欲望と意欲に満ちナイジェリアを残して、この大会のために修飾しませんでした。
ワールドカップの歴史の中で、ナイジェリアは、ブルガリアの3-0の敗北は、世界に衝撃を与えた。

FIFAワールドカップ成績

  • 1994 – ベスト16
  • 1998 – ベスト16
  • 2002 – グループリーグ敗退
  • 2006 – 予選敗退
  • 2010 – グループリーグ敗退
  • 2014 – ベスト16
  • 2018 -???

南アフリカ代表について

概要

サッカー南アフリカ代表は、南アフリカ共和国サッカー協会により構成される南アフリカ共和国のサッカーのナショナルチーム。愛称は「Bafana Bafana(バファナ・バファナ)」で、ズールー語で「少年よ、少年たれ」(Boys, be boys!)という意味。ホームスタジアムはヨハネスブルクにあるFNBスタジアム。

ユニフォーム

サッカーユニフォームの話題で今日は、特に2016-2017シーズンの南アフリカ代表ホーム&アウェイユニフォームを紹介します。総体、ユニフォームの色は南アフリカの国旗の色を採用してデザインしました。ホームユニフォームの基調は黄、アウェイユニフォームの基調は緑。皆様ご存知のように、南アフリカの国旗の色は赤、緑、青、白、黒、黄でデザインしました、公式サイトで緑は土地を象徴して黄は黄金を象徴しています。南アフリカ代表 ユニフォームのメーカーブランドはアメリカの大手スポーツ会社「ナイキ株式会社」である。

2016-2017年 南アフリカ代表 ホーム&アウェイ ユニフォーム 半袖のメーカーブランドは前続き「ナイキ」(Nkie)である。もちろん、メーカーロゴはバランスよくユニフォームの右胸で刺繍しています。ホームユニフォームは南アフリカの伝統的の黄をベースにデザインしました。ユニフォームの両脇が緑のサイドを採用してパンツとの一体感も満点。パンツは緑でソックスは黄でやっぱり南アフリカの印象が深いね。言い甲斐があるのは、ユニフォームの真中で南アフリカ共和国サッカー協会のエンブレムもバランスよく配置しています。

アウェイユニフォームは緑をベースにデザインしました。総体、ホームユニフォームと同じデザインを採用しました。

南アフリカ代表ユニフォームは 「Dri-FIT」を搭載しています。メリットは吸汗速乾、通気性抜群。

FIFAワールドカップ成績

  • 1994 – 予選敗退
  • 1998 – グループリーグ敗退
  • 2002 – グループリーグ敗退
  • 2006 – 予選敗退
  • 2010 – グループリーグ敗退
  • 2014 – 予選敗退
  • 2018 -???